探偵に不倫の尾行の追跡調査を依頼

興信所に不倫の追跡調査を依頼した際、オプション料金が発生することがあります。

ただ、普通は契約書に、オプション発生時の条件が明記されていると思います。

したがって契約書にはよく目を通して理解しておくべきでしょう。疑問に思ったり心配なことがあれば、依頼前に質問して、解消しておくのも重要ではないでしょうか。

探偵と興信所はどう違うのかと質問されることがありますが、違いといえば単なる社名の違いと思って頂いて構わないでしょう。両方とも探偵業務と報告を行うことは共通しており、開業には共に公安委員会の認可が必要です。

浮気の追跡調査などを依頼する際は、区別して考えることはありませんから、自分が信頼できるところに依頼すれば良いのです。

もっともジャンルごとの得手、不得手は、おのおのの会社で違ってくるので、契約前に把握しておきたいものです。

もともと混同されがちな探偵業者と便利屋ですが、それは大きな間違いです。

この二つには大きな違いがあることにお気づきでしょうか。

尾行の依頼は探偵がおすすめな理由

何でも屋とか便利屋と呼ばれる仕事は普通の会社と同じように始められますが、探偵業は個人であろうと法人であろうと、その地域の警察署を通して公安委員会に誓約書や身分を明らかにする書類と共に開業届を出し、正式な認可を受けるまでは開業できません。管轄官庁による管理が必要なほど専門的な仕事をこなすのが探偵社です。

単純作業に思われがちな浮気の尾行というのは、調査する相手と親しいほど調査していることに気づかれやすい上、感情の昂ぶりから相手やその関係者とのトラブルに発展する可能性も否定できないのではないでしょうか。

その道の専門家である探偵なら、追尾や浮気の証拠集めに必要なノウハウも機材もあるので、依頼者自身で尾行の真似ごとをするよりずっと効率良く素行調査や裏付けがとれるでしょう。

裁判等の証拠で使いたいなら特にプロに任せるべきです。

探偵の浮気調査と尾行のレベル

探偵に浮気調査を頼むなんて、すぐ離婚するみたいに思われると心配する人もいるでしょう。ただ、あまり深刻にとらえるより、気持ちの負担を軽くする程度に思ったほうが良いように思えます。

婚約破棄相手と別れさせるとか、離婚するとか、どちらにしても、肝心の証拠を押さえておけば有利なのは確かです。現実を目の当たりにするのが怖いというのであれば、それもありでしょうが、モヤモヤしているのが嫌なら興信所に頼んでみるのがいいでしょう。

私28歳、彼氏36歳。

小2と幼稚園の子供がいます。つい先日、彼氏が婚約破棄をしていたことがわかり、双方の親も交えて話し合い、離婚することになりました。

親権は私ですが、母子家庭として子供二人をきちんと育てていくわけです。感情的にはもやもやが残りますが、間に弁護士を挟んで、彼とその交際相手に対する慰謝料や、養育費の話を進め、公正証書というのを作ってもらいました。これは浮気だと断定できる証拠写真といえば、ふたり連れ立ってラブホテルから出てくるシーンは決定的です。頑張れば自分でも写真を撮れそうな気がしますが、よほど高性能なレンズでない限り不鮮明になる場合が多いようです。

裁判や慰謝料請求などで使えるレベルの写真を入手したいのだったら、探偵業者を利用するほうが確実だと思います。

探偵社の調査代金の精算方法についてですが、全国展開しているような大手だとクレジットカード払いやローンでの分割払いに対応しているところもないわけではありません。早く浮気の証拠が欲しいけれども一括で払うのは難しいというときは、分割OKの事業者に依頼するといいのではないでしょうか。婚約者の浮気に気づいたときは、ベストな対応をするべく、気分を落ち着けて、いつもの自分を取り戻すことが大事です。

どうしても婚約破棄の事実を受け止めがたければ、やはり離婚や慰謝料だのも考慮していかなければなりません。一人で考えても埒が明かないので、二人で会って、以後どうするか、きちんと話を詰めておきましょう。

探偵業法が2007年に施行される以前

浮気調査を探偵に依頼するとき、ターゲットの尾行や周囲での情報収集を行って顧客に売却する探偵の行動が違法なのではと不安に思う人も少なくありません。

現在は探偵業法による規制があるので、その点は心配要らないでしょう。

探偵業法が2007年に施行される以前は、探偵の業務に関する全国共通の規定というものがなく、違法な詐欺まがいの業者との様々な被害から個人を保護するために施行されました。

興信所といっても、知らない会社に相談するのは抵抗感があるという人は少なくありません。

話を聞いてもらうときに本名を名乗るのが嫌でしたら、名前を明かさずに相談できる業者も少なくないですし、そういったシステムを利用し、手応えが良い感じであれば、あらためて個人情報を伝えることもできるのです。

以前は安値を掲げる興信所はヤバイと思われがちでした。素人には調査の良し悪しなんてわからないですからね。

近頃はネットユーザーが格段に増えましたから、劣悪な業者かどうかもユーザーレビューなどである程度判断がつくのです。

安値ばかりにこだわれば品質が落ちてしまいがちですが、高額なのにそれに見合っていない業者に依頼するというのも馬鹿げています。結局のところ、実力と料金のつり合いがとれた会社を調べて依頼するのが一番です。ドラマには無報酬の探偵なども登場しますが、代金を支払った上で仕事を依頼することになります。

調査員が行う作業いかんでコストテーブルも変わります。尾行調査だって、短時間で済む場合もあれば、その逆もあり得ます。ほかにも時間帯や日にちをどう設定するかで料金に差異が出てきますので、単純に言えば時間が長ければ長いだけ、費用も多く見込まなければいけません。

特に婚約破棄調査なんて要らないと考える人は多いです。ただ、浮気は深入りしてからでは遅く、きっかけも多いので、仕事場はオバさんばっかりと本人が言っていたとしても、用心してかかったほうがいいのです。

常時いる女性と違い、営業などで時々訪れる相手なら、婚約破棄がバレにくいからです。

不審な点があれば、探偵事務所に浮気調査を依頼すれば、不安を募らせることもありませんし、一人で抱え込んでつらい思いをすることもなくなるのです。探偵の看板を掲げるには資格や免許はこれといって要りません。

ただし、2007年に施行された探偵業法にのっとって、最低でも業務を始める前の日までに、事業地の所管の警察署経由で公安委員会に届け出を行い、「探偵業届出証明書」の発行を受けて、許可を取り付けることだけは省略できません。安全のためには無認可の探偵社は選ばないことです。テレビでは個人の私立探偵がよく登場しますが、探偵を頼むときは、探偵業務、興信所業務を行っている会社に頼むのが現実的ですし、効率も良いでしょう。

質実ともに良い会社に調査をしてもらうには、1社だけでなく複数の業者をみてみることが大切です。とくに、相場ぐらいは知っておきたいものです。法外な請求をしてくるような悪徳業者を避けるための自衛策でもあります。

ハイテクが日常生活に浸透している現代では、浮気しているかもしれない人の居場所をGPSでかなりの精度で見つけることが可能になってきました。気になる相手にGPS機能搭載のスマホを使用させることにより、ほぼリアルタイムで位置情報が分かってしまうのはすごいですね。

非合法な方法ではありませんし、相手の婚約破棄を自力で見つけたいときはGPSを使えば便利だと思います。常に相手が警戒している場合、不倫の証拠を自分で見つけることは、至難の業です。とはいっても、証拠を掴んでいれば離婚にしろ慰謝料請求にしろ、話を有利に進める材料になります。

これは浮気しているなと気づいたら、興信所や探偵に調査を依頼しましょう。いくらか出費は覚悟しなければなりませんが、交際相手とホテルから出てくる写真のように、あきらかな証拠が得られるでしょう。

どちらに理由があるのかはケースバイケースのようですが、探偵による浮気調査で、請求トラブルに発展することがあります。先に見積もってもらった金額に高額なオプションが付加されたり、キャンセルを申し入れることもできますが、その場合は依頼者都合によるキャンセル代がかかることがあるのです。契約書にサインする前にチェックは入念にしておくことが大事ですね。

そのときの説明で納得がいかなければ、違う業者を当たったほうが良いでしょう。

婚約者の婚約破棄の調査を興信所に依頼したあと、調査相手に気付かれはしないかと不安になる人もいるようです。

ただ、調査員の技能や使用している機材等を考慮すると、察知されることはまずありません。でも、「探偵を雇った」という事実でクライアントの挙動がいつもと変わった結果、相手が勘付くというケースもないわけではありません。調査完了日までは少なくとも、あくまでも自然に行動するように気をつけましょう。

Follow me!