興信所・探偵社の浮気調査と成功報酬

興信所や探偵社で行う浮気調査には、成功報酬タイプもあることを覚えておくと良いでしょう。

証拠がなければ調査料金の請求もなくて、なんだかとても「得」に見えますよね。

ただ、婚約破棄そのものがないのではと思われるときや、調査期間が長引くことが予想される際は引受できないということもあるようです。

当然ながら証拠をゲットする確率も高く、そのときに思ってもみなかった額を請求されるケースも多いみたいですから注意が必要です。

ちょっとした息抜きのつもりの浮気が、いつのまにか自分や家族を追い詰めるものに変わっていく。

そんなに浮気は魅力的なのでしょうか。

結婚生活に飽きたり、相手がイヤになったからといっても、しっかりケジメをつけずに新しい相手とやり直そうというのは、いくらなんでも都合がよすぎるとは思いませんか。浮気相手が加わって大問題になったものの、もともとは彼氏婦間の問題。それで解決するわけはないでしょうし、責任のない子どもまで不倫の結果に巻き込むのはどうかと思います。

後悔するのが分かっていても、浮気という手段をとるのでしょうか。

探偵業者に欠かせない技量というのは、会社の規模によるところも大きいです。フランチャイズで幅広いエリアをカバーしている会社は、調査用の資材や方法などについて最新のノウハウを持ち、その時々のニーズに合わせた調査方法を持っています。

著名な探偵社は相談員や調査員の教育にも積極的でそれは仕事の成果にも表れてくると思います。一般に探偵の調査料というのは幅があると言われていますが、星の数ほどもある業者の中には、大層な費用を請求してくるケースも見られます。

探偵の料金と費用と相場

高い料金に見合ったハイレベルの調査が行われているのかは、実際はかなりあいまいです。

高いお金を払って、浮気の証拠はありませんでしたなんてことにならないよう、費用の相場を、契約を交わす前にチェックしておいた方が良いでしょう。

通常の金銭感覚からすれば、調査会社に頼んで浮気調査をしてもらうときの料金は、リーズナブルとは言えないでしょう。ただ、安さで依頼したところで浮気調査の成果そのものが得られなかったり、追加料金が発生しては、お金の無駄どころではありません。大事なのは調査の能力の高さですが、高値設定のところほど、優秀で良い探偵社であるかというと、判断に迷うところです。探偵社の調査代金の精算方法についてですが、規模の大きな会社ならクレジットカード払いやローンでの分割払いに対応しているところもあります。

不倫現場を押さえるチャンスは今しかないけど、代金の都合がつかないという場合は、そうした会社を見つけるといいでしょう。大手なら近くに営業所があるかもしれません。

結婚相手の不倫行為によってダメージを受けた人のメンタルケアを行う相談員がいるのをご存知でしょうか。

専門家の手を借りて不安やマイナスの感情を取り去りながら、いままでのダメージから立ち直っていくことができるでしょう。浮気によって離婚後も異性を生理的に受け付けなくなるとか、建設的な考え方ができなくて悩んでいるという相談もしばしば聞かれます。

また、離婚ばかりではなく、結婚相手との関係を再構築する際にも、利害の絡まない相談者がいたほうが、うまくいくことが多いです。

近頃ではスマホが元で不倫が露見するといったケースも増えてきました。

パソコンのメールや携帯電話の着歴に代わり、現在はスマホのラインのトークやメールなどに不貞行為の一部始終が残されているかもしれません。

肌身離さず、ロックまでかけている場合は、浮気の可能性はほとんどクロに近いグレーと考えて間違いないでしょう。

興信所と探偵の違いとは?

名前の違いで悩む人がいるようですが、今の時代の興信所と探偵社の差は名前だけだと言えます。

両方とも探偵業務と報告を行うことは共通しています。つまり浮気調査でしたら、区別して考えることはないですし、裁判の証拠として差が出るわけでもありません。

ただ、ある程度、得意不得意なども調査スタッフや会社によっても変わってくるでしょうから、そのあたりはおさえてから契約したいものです。

行動がおかしいとか、結婚相手に婚約破棄の疑いがあるときは、その裏付けをとる必要があります。

あきらかな婚約破棄の証拠というと、他人から見ても婚約破棄だなと分かるような写真です。

自分や知り合いを使って浮気現場をとらえたり、裁判で確実に証拠になるようなものを入手することは困難でしょうから、探偵を雇うなどのプロのワザも検討すべきです。

有名どころや老舗が絶対的に優秀だとは言い切れませんが、規模の大きな興信所を選んだほうが間違いが少ないです。中小にも良い会社はあるはずですが、中にはきちんとした探偵業務も行わずに金銭だけを要求してくるところや別料金を含む料金体系が不明瞭な会社もあるそうです。

また、親切に相談にのってくれるかどうか、契約や料金についてきちんと説明があるかも、良い検討材料になりますね。

相手の不貞行為が判明した場合は、落ち着けと言われても無理かもしれません。

でも時間の経過と共に冷静になってくるはず。

そのときは、浮気に対してどのように臨んでいくか考えましょう。

探偵に依頼して不貞行為の事実をつかむ

そもそも不倫は、裁判での離婚理由にもなる「不貞行為」なのですから、気持ちの上では埋め合わせをすることはできないでしょうけれど、あなたが苦しんだ分の慰謝料は、しっかり支払ってもらうべきです。

奥さんがだんなさんの浮気に気づいて探偵に調査してもらうという話は小説でもドラマでもしばしば見かけたりします。物語に登場する探偵の仕事は視聴者にも「想定の範疇」なので、危険なことは無理でも、尾行くらい自分にもできるのではと思うかもしれません。

ただ、実際には、相手(関係者含む)が疑わないよう追跡し、バッチリのタイミングで写真を撮るというのは経験が物を言う仕事です。

先方にバレては余計なトラブルに発展しかねませんし、プロに任せるのが一番安心です。

本気じゃないとか遊びだとか言い繕ったところで、彼女にとっては浮気は人生を揺るがす一大事でしょう。その許す事ができない行為を放置するというのは不可能でしょう。

浮気の証拠といったら、色々ありますが、やはりケータイチェックでしょう。

メール履歴がなくても、フリーメールやSNSを使って連絡を取り合っている可能性は高いです。興信所や探偵といった調査業務を行っている会社では、無料で相談員と話ができるケースもあるようです。

複数の会社に相談することもできますから、依頼前に時間をとってでも利用しておきたいですね。よく話をきいてくれるか、良い会社かを見極める指標になるからです。

専任のスタッフを置いているところもありますし、話すことにより、それまで複雑でどうしようもなかった心配事を整理できるのは、大きな進捗ではないでしょうか。離婚すると、浮気していた側は子の親権を奪われやすいと誤解されがちです。

ただ、それは思いこみ的なものも大きいように思えます。

基本的に親権というのは、同居の有無や育児への参加度合い等に重点を置いて判断します。

調停委員が子供自身から意見を聞いたりもするように、どれだけ子供の生育環境としてふさわしいかが最優先で考えられているわけです。既婚者同士の浮気に終止符を打ったきっかけは、子供や孫を望まれたからとか、彼女が妊娠したというのが実は結構多いのです。

裏切っていることに対してあらためて後ろめたさを感じるようになったり、W婚約破棄の現実に愛想がつきるということもあるようです。もしくは、転勤や世帯構成の変化などで今までのように会えなくなったりすると、今までの罪の意識も手伝って、別れを切り出すきっかけになるのです。

婚約破棄の結果として生まれた子供でも認知請求することができるのをご存知でしょうか。認知してもらえれば子供のための養育費を請求できますし、親子関係では非常に重要な手続きとなります。

婚約破棄の場合、諸事情により認知を渋ることもありますが、そのときは訴訟を起こされることもあり、浮気の事実があれば否認は困難です。そのような事態に陥る以前に関係を解消できなければ、今後の人生設計にかなりの不利益が生じる可能性があります。もともと混同されがちな探偵業者と便利屋ですが、歴然とした法律上の違いがあるので今一度ご理解いただきたいと思います。

便利屋でしたら無届けでも開業できますが、探偵業は個人であろうと法人であろうと、警察署経由で所管の公安委員会に必要書類と共に開始届出書を提出し、正式な認可を受けるまでは開業できません。管轄官庁による管理が必要なほど専門的な仕事をこなすのが探偵社です。

調査会社に探偵を依頼する時に心配なのは、やはり経費を含む料金の総額だと思います。調査によって代金の相場はないわけではありませんが、依頼の詳細によって差が生じるのは致し方ないことでしょう。

行動調査(不倫など)の場合でしたら、作業時間を1時間とすると相場的にはだいたい2万円ぐらいです。

相場には幅がありますから、業者に相談して見積りをとるのが一番早い方法だと思います。

Follow me!