妻の浮気の調査を探偵に依頼したい

私は31歳の自営業者です。2年前に結婚した彼女はひとつ年下で専業主婦をしています。

先週末に突然、あちら側の浮気が発覚しました。

指摘された彼女のほうは逆ギレで、それっきり話もしません。これでは彼氏婦の意味がないですよね。

彼女から傷つけられるとは思いませんでした。放っておくと、なしくずし的に終わりそうな気配なので、自分のために、今後の対応も考えたいと思います。

特に婚約破棄調査なんて要らないと言われれば、たしかに個々の自由だと思います。

でも、ふとしたことがきっかけで婚約破棄に発展することがあるので、女っ気のない職場環境だろうと用心すべきです。

取引先や出入り業者など「たまに来る」女性のほうが浮気はしやすいですから。挙動が不審で浮気の疑いがあるなら、婚約破棄調査をする探偵社に相談してみれば、不安を募らせることもありませんし、精神的にも負担が少ないと思います。

持ち歩いていて何かと便利なスマホ。

しかしそれが元で隠し続けていた浮気がバレるという例も増えています。

パソコンのメールや携帯電話の着歴に代わり、現在はスマホのラインなどのSNSやメールに結婚相手の不倫の証拠が隠されていると考えるのが妥当でしょう。いつも手元においていたり、ロックして見せてくれない時は、十中八九、浮気の証拠がそこにあると思われます。

警戒心もあるため一筋縄ではいかないでしょう。

よく婚約破棄のきっかけとして言われるのは、結婚から時間がたって新鮮味がなくなったといった、利己的でなければ言えないようなものです。恋愛していたときの高揚感をもう一度得たいという衝動が不倫という一線を超えさせてしまうわけです。そういった事態を避けるには、二人でいる時間を作り、自分たちが我慢したり苦しいと感じていることは何かを見つめなおすことも大事です。

どこからどこまでが浮気扱いになるのかというと、人それぞれというほかないでしょう。異性の中では常に自分を最優先しなければ浮気扱いする人もいれば、少しでも体が触れ合う(あるいはどちらかが触る)と浮気したと言って怒る人もいます。

ちなみに法律の上では、肉体関係があれば不貞行為になるものの、順風満帆な結婚生活を続けたければ、いかにも浮気ととられかねない行動はするべきではないです。浮気調査等で探偵に支払う額は、内容によって異なります。

ごく一部の業者とはいえ、異例とも言える高額な請求を行っている場合もあるようです。

しかし、高いなりに素晴らしい仕事をしてくれるだろうかと問われれば、必ずしも比例するとは言い切れません。

高いお金を払って、肝心の浮気の証拠が掴めないという結果に終わらないよう、あらかじめ標準的な費用について調べておくべきです。

彼氏の浮気予防になるよう、私がいま気をつけていることは、大切な人のことを無闇に否定したりしないことです。

要望があっても妻のわがまま程度にとどめ、絶対言ったらダメという一線は超えないようにしていますし、家計のことで責めることもしません。

一家の主である彼を第一に考え、彼女としての外見への心配りも怠らず、女らしいふるまいを心がければ彼氏婦円満で婚約破棄もないと考えています。

もし浮気に気づいても、むこうの警戒心が高ければ、婚約破棄の証拠を自分で見つけるのは無理というものです。

しかしきちんとした証拠を握っていれば、不倫関係を解消させるとか、離婚するとかにしても話を有利に進める材料になります。

ですから、婚約破棄をしているなと思ったら、興信所や探偵に調査を依頼しましょう。

いくらか出費は覚悟しなければなりませんが、浮気相手と出かけているときの写真等、裁判にも通用するような証拠を入手できるでしょう。パートナーの浮気や素行調査を探偵に頼むときは、交際関係や立ち寄り先など細かいことでも伝えておくと、調査しやすく費用も抑えられます。

なんでもかんでも探偵にまかせてしまうと、婚約破棄の裏付けをとるために時間と手間がかかり、それが費用に反映されてしまうのです。隣にいれば自然と気付くこともあるはずですし、記録やリサーチにいそしむと良いでしょう。テレビでは個人の私立探偵がよく登場しますが、探偵を頼むときは、探偵会社に依頼するのが現実的ですし、効率も良いでしょう。

きちんとした会社に仕事を依頼するには、1社だけでなく複数の業者をみてみることがコツです。とくに、相場ぐらいはおさえておきたいところです。

不当な請求を行う業者に当たらないようにするには、こういった予防が不可欠だと思います。

実際、婚約破棄行為にはまっている人は、ウツの症状を持っている場合が多いです。

理由は、恒常的なストレスがあげられます。ダブル婚約破棄だの片方が既婚者だのの場合、不安やストレスを感じることが多く、精神面や体の不調として出てきます。浮気している方がそれだと、当然、残されたパートナーだってメンタル面の病気になりやすいです。

面倒くさがりの夫があんなに嫌っていたSNSに最近やたらとハマっています。

携帯も隠すし、ぶっちゃけ浮気かなと思い当たり、暗い気分になってしまいました。私たち夫婦の身近な人間なのかなと、ケータイチェックを試みたものの、きっちりロックでガードされていて、なんの情報も得られませんでした。

こうまでしてあるからには、もう、探偵さんでしょと、なぜか冷静に考えてしまったんですけど、専業主婦が払える金額なんてたかが知れていますし、二の足を踏んでいます。結婚相手の行動追跡調査で探偵社を利用すると、調査がバレやしないかと緊張してしまう人は少なくないようです。

ただ、調査員の技能や使用している機材等を考慮すると、気付かれるような可能性は極めて少ないといっていいでしょう。でも、「探偵を雇った」という事実で依頼人の「態度」に変化が表れたりすると、むこうが不審に思って用心した結果、調査がしにくくなるということならあります。

報告書を入手するまでの辛抱だと思い、何事もないような様子で過ごすことが大事です。

クラス会やOB会では浮気のきっかけになる可能性が高いです。

好きだった人が素敵な大人になって現れたり、級友同士ということで性別の垣根が取り払われるので居心地の良さや癒しを感じる人が多いそうです。

同窓会出席を契機に、挙動が怪しいと感じるようなら、限りなくグレーなところにきているのではないでしょうか。名前が知れている以外にも探偵業務を行っている会社は多いので、選ぶなら、その中で評価の高いところを選ぶべきです。

少し手間でもネットを使えば、興信所や探偵社の評判が出てくるはずです。

自分が住んでいる近くで評価の高い業者を見つけ、相談や事前見積りをしてもらえれば、調査もしっかりやってくれるでしょうし、その成果も期待できます。

はからずもご主人の浮気が露見した場合、ひとまず、今後の対処をはかるためにも、気持ちを静めて冷静になるのが先決です。

どうしても婚約破棄の事実を受け止めがたければ、やはり離婚や慰謝料という問題も考えなければなりません。

夫婦で話し合う時間を確保し、以後どうするか、きちんと話し合うと良いでしょう。

地元の友人が、ダンナ浮気してるみたいだよと教えてくれたので、ウェブで探偵業者について調べてみたら、比較サイトや公式サイトがたくさん見つかりました。

安いところでいいやと思ったのですが、2社のうち、応対が優れていて値段も高くない探偵さんに依頼しました。わかってて依頼したものの、あれだけの証拠を目の当たりにすると、さすがに落ち込みました。

探偵業者では無料で相談に応じてくれる場合があるのをご存知でしょうか。

大事な案件を発注するのですから、是非とも活用したいサービスです。

誠実そうな業者かどうか判断するのにはうってつけだと思います。

親戚でも友達でもない第三者に相談することで、それまで複雑でどうしようもなかった心配事を仕切り直しできるので、おすすめです。

浮気調査を探偵に依頼して、証拠を掴み、婚約破棄にストップをかけるまでいったのに、なぜか再び浮気することもあります。

退社時刻から帰宅までの空白時間が長くなったとか、メール履歴などでまた浮気をしている事実が発覚するのです。

大抵の場合、前回の浮気での対処が手ぬるかった可能性も高いので、二度目や三度目ともなれば更なる厳格な対応も考えなければなりません。結婚相手に浮気をされた時、しっかり思い知らせてやるには、社会人としての信用や、公共の場での立ち位置をおびやかしてやるのが良いのではないでしょうか。うわさ話程度ではなく、誰が見ても明らかな証拠が必須だとは思うのですが、逆にいうとそれさえあれば、後はとことん向こうを追い詰めることができるというものです。それでは気が収まらず、浮気相手の勤務先の上司や家族に知らせて溜飲を下げるという人もいないわけではありません。

転職や家庭崩壊など、それなりの報いを受けるわけです。

Follow me!