旦那の浮気は探偵に依頼

困ったことにダンナの浮気は、ほとんど病気なみに身についたもののようです。

どうも私と交際しはじめた頃も含めて、何度も不倫していて、同時に二股三股もかけられたかと思うと生理的な嫌悪感を覚えます。

根掘り葉掘り問いただす気はありませんが、浮気は男の甲斐性ですか。

それって妻もいるのに、無責任にも程があると思いませんか。

許したところで繰り返すでしょうし、一緒にいる自信もまったくないですし、別居するくらいなら離婚のほうが良いと考えています。

夫の浮気が心配で探偵事務所を訪れるというドラマの展開は、しばしば見かけたりします。

物語に登場する探偵の仕事は視聴者にも「想定の範疇」なので、真似くらいはできそうな気がしますが、たとえば警戒している調査相手にわからないように尾行し、写真などの証拠を得るのは、非常に難しいです。

調査したい相手に露見するのは不利以外の何物でもありませんし、最初から探偵に任せたほうが、依頼者にとっても安全です。

浮気相手にに慰謝料を請求

配偶者に浮気をしていることがバレたときは、相手から慰謝料を要求されることもあるでしょう。

浮気の証拠を提示されてしまえば、やっていた方は明らかに分が悪いです。

 

慰謝料として要求される金額は、引越代(60万程度)からその10倍くらいまでと本当にケースバイケースで異なります。

支払いがつらければ、額を減らしてもらうよう交渉することもできます。

現実的な話、探偵に任される調査の大概は浮気調査です。

不審な行動があるので、自分以外に相手がいるのかどうか知りたいというものから、証拠を押さえて離婚したいといった要望まで、目的に合わせた調査を行うので費用の無駄がありません。

不倫相手から慰謝料をとるつもりなら、明確な証拠を得る必要があるので、仕事慣れした探偵に頼むのが一番だと思います。

探偵がしている仕事(行動)として、大抵の人が尾行を連想するのではないでしょうか。

相手にわからないよう行動を見守り、依頼された証拠を得るまで調査するのです。

露見することはまずありませんが、追跡する側はターゲットの行動を予測しておかなければなりません。

想定外の行動をとったから失敗したでは済まされないのが、探偵の業務です。

相手に知られては依頼者の不利になるので、必死です。

浮気調査にかかる探偵の費用コスト

探偵業者にかかる費用には幅があって、追加費用を加算したりして高額な請求を行っている場合もあるようです。

しかし、高ければ高いだけ調査品質が高いかというと、一概に釣り合っているとは言えません。

高いお金を払って、不倫の証拠が得られないなんてことにならないよう、費用の相場を、契約を交わす前に知っておくと良いでしょう。

不倫の調査を頼みたいけれど、離婚の準備をしているみたいで気が滅入る。

意外とそんな人は多いです。

ただ、この調査の時点では敢えて難しく考えるより、気持ちの負担を軽くする程度に思ったほうが良いように思えます。

離婚裁判にせよ、浮気をやめさせるにせよ、肝心の証拠を押さえておけば不利にはならないですからね。

興味がなかったり直視する気がなければ、それはそれでいいのかもしれませんが、モヤモヤしているのが嫌なら探偵業者に調査を依頼する価値はあるでしょう。

不倫で略奪婚に成功しても、あまり幸せになれないという話があります。

実際そうでしょうね。

自分の欲求のためなら、他人の幸せをうばうことに呵責を感じないわけですから、たとえ結婚できたとしても、それまでの経緯がばれるの怖さに嘘をついてやっていくのですから疲れるでしょう。

一度不倫を経験してしまうと、「この相手なら再々やりかねない」と思ってしまいますし、ストレスは相当なものでしょう。

不倫の行動追跡調査で、本人に知らせずに尾行したり聞き及んだ情報等を顧客に売却する探偵の行動が違法なのではないかと心配に思う人も多いようです。

現在は探偵業法による規制があるので、その点は心配要らないでしょう。

平成19年に探偵業法が施行されるまでは、探偵の業務に関する全国共通の規定というものがなく、業者の違法行為による被害から個人を保護するために制定されたものです。

浮気を繰り返す人、やめられない人というのは、ウツが多いですね。

考えられることは、恒常的なストレスがあげられます。

ダブル不倫だの片方が既婚者だのの場合、通常以上に不安が煽られるわけですから、憂鬱な感情を心の中に抱えることが多くなり、メンタルや体調に大きな影響を与えるのです。

また、浮気されたパートナーのほうもメンタル面の病気になりやすいです。

なんとなく不倫の気配を感じたら、ぜったい裏付けをとるべきです。

その際、証拠となるものは、「誰が見てもわかる」写真などでしょう。

浮気現場にシロウトが踏み込んだり、裁判で確実に証拠になるようなものを入手することはトラブルの要因にもなりかねませんし、その道のプロである探偵を利用することも考える価値があるのではないでしょうか。

以前は安値を掲げる興信所はヤバイと思われがちでした。

素人には調査の良し悪しなんてわからないですからね。

でも、今は違います。

インターネットが普及し、業者の誠実さなどはユーザーレビューなどである程度判断がつくのです。

安すぎる業者を選んで失敗する例もある一方、高額なのにそれに見合っていない業者に依頼するというのも馬鹿げています。

結局のところ、質と価格のバランスが良い業者を見つける手間を惜しまないことが大切です。

不倫の調査を興信所にさせるなら、個人情報を伝えずにしてもらうことは不可能ですから、できるだけ信頼できるところにお願いしたいですよね。

安いアルバイト調査員がいるところなどに依頼したら、調査能力はおろかプロ意識もイマイチで予期しなかったトラブルや金銭問題になった例もゼロとは言えません。

困ったことにならないためにも、依頼前に情報収集を行い、変な業者はふるい落としておくことが大事です。

本気じゃないとか遊びだとか言い繕ったところで、された側にとっては人生の幸福が台無しになりかねないのが不倫というものでしょう。

信頼を裏切る浮気を黙認することはありません。

相手の浮気を裏付ける方法というと色々ありますが、やはり携帯電話の電話帳や履歴のチェックです。

用心してフリーメールを使っていたり、ライントークで相手と連絡をとっている可能性は高いでしょう。

探偵社による浮気の追跡調査は、出来高制を採用している場合もあります。

それなら証拠がなければ支払いが発生しなくて得だと思う人もいるかもしれません。

しかし、調査相手が不倫しているかどうかがハッキリしない場合や、日数の長期化があらかじめわかるケースでは引受できないということもあるようです。

それに、浮気の裏付けがとれたときに意外な高額請求になる場合もあるので注意してください。

明らかな浮気の裏付けがとれない限り、離婚や慰謝料請求の裁判では、分が悪いでしょう。

パートナーの不倫行為が立証できなければ、裁判で不倫そのものが否定される場合もあるのです。

そんなときに大事なのが「動かぬ証拠」なのではないでしょうか。

グレーゾーンで慰謝料請求を拒否されるのを回避するには、しっかり調査しておくことは大事です。

興信所といっても、知らない会社に相談するのは怖いという方もいらっしゃるでしょう。

話を聞いてもらうときに本名を名乗ることに抵抗を覚えるというのであれば、匿名相談でもオーケーという探偵業者も最近は増えましたから、まずそのサービスを利用して話を聞いてもらい、手応えが良い感じであれば、あらためて個人情報を伝えることもできるのです。

浮気は不思議なもので、なぜかまた繰り返してしまうという例も少なくないようです。

浮気現場を押さえられて、しばらく自粛状態が続くのですが、舌の根も乾かぬうちに浮気を再開するかもしれないのです。

胡散臭いと思うようなところがあれば、調査を探偵社に依頼して、きっちり不倫の裏付けをとり、懲らしめてやるといいでしょう。

探偵と便利屋って探したり尾行するだけなら一緒じゃないの?と言われてしまいました。

答えはノー。

双方には明らかな相違点があるんですよ。

便利屋といった職業は所轄する官庁がないのに対し、探偵の業務を取り扱う会社の場合は、その地域の警察署を通して公安委員会に必要書類と共に開始届出書を提出し、探偵業の認可を受けてこそ開業できるのです。

きちんとした法律に定められているくらい専門的な仕事をこなすのが探偵社です。

実際に探偵業者に来る依頼のほとんどは、浮気の追跡調査です。

とりあえず、調査員がどのように浮気調査を行っているのかをおさらいしてみましょう。

一番多い手法としては、勤務先や居住地といった個人情報をベースに、対象の追跡を行います。

相手が警戒していることもありますから、浮気相手と会う時間がありそうな日に絞って後を追い、不倫の証拠写真を撮影したりします。

夫婦2人と子供2人(小1、小3)で夫の実家の隣に家を建てて暮らしています。

夫の浮気が判明するまでは普通の家族でした。

しかし先週、親を含めて話し合い、仲人さんにも話して、離婚が本決まりになりました。

これから女手一つで、この子たちを育てるわけです。

簡単なことではないでしょう。

感情的に揺れている自分が上手に対処できるとは思えなかったので、弁護士(裁判ではないですよ)を介し、夫には慰謝料と養育費、不倫相手には慰謝料を求め、最終的に公正証書に仕立ててもらったのです。

ハイテクが日常生活に浸透している現代では、不倫の可能性がある人の現在位置をGPSを使って容易に把握できるようになりました。

GPSつきの携帯やスマホはたくさんありますから、それを使用させることにより、ほとんどリアルタイムでどこにいるかがわかるのです。

それで罰則があるというわけでもありませんし、探偵等を使わず自分だけで不倫の有無を調べたいときには、これとウェブ上のマップを併用するといいかもしれません。

念願だったパートの仕事。

子供が10歳になったのを機に始めたのですが、仕事を教えてくれた社員の方(既婚)に誘われ、つい浮気したんです。

子育てが落ち着くまではと、のんびりと主婦してただけなので、軽率なところもあったんでしょう。

パートだけにしてはおかしいと、すぐ主人にバレて、彼の奥さんと連絡をとりあった挙句、先方は別居、私は離婚で慰謝料も支払う羽目になってしまったのでした。

配偶者の浮気を興信所に調査してもらうときは、根本的にどういった目的があるのかを明確にしておくのが重要です。

不倫関係を解消させたいのか、もしくは裁判で離婚するための証拠を押さえたいのかは、はっきりさせておかなければなりません。

どこに主眼を置くかにより調査方法や裏付けのとりかたなどが変わってくることもあり、必ず伝えるようにしましょう。

パートナーの不倫の調査を興信所に依頼したあと、調査相手に気付かれはしないかと不安になる人もいるようです。

探偵というのは相応の技能と経験を持つプロフェッショナルですから、気付かれるような可能性はまずありません。

しかし、探偵に不倫調査を依頼することで、クライアントの挙動がいつもと変わった結果、相手が用心してしまうというケースもあります。

調査完了日までは少なくとも、何事もないような様子で過ごすことが大事です。

興信所や探偵に配偶者の浮気を調べてもらう場合、相応の額が必要です。

平均的な調査料金ですが、一例をあげれば、浮気の素行調査などで20万円(4万円で5日間)程度はかかるとみておけば間違いありません。

費用は依頼内容や調査期間によって変わりますが、たいていの調査であれば、数十万程度と見積もっておけばとりあえず安心です。

スマホユーザーが増えた昨今ではそれがきっかけで浮気が明るみに出たという事例も増えてきました。

スマホが主流となっている今、フリーメールを含むメールやLINE履歴に配偶者の不倫の証拠が隠されているというのは当然でしょう。

しかもロックをかけているのだったら、スマホの中は浮気のメモリアルだらけと考えて間違いないでしょう。

たとえ調査内容が同一でも、浮気調査の代金は探偵会社によって幅があります。

最初に連絡をとった会社に依頼する人が多いですが、契約前にいくつかの会社に見積りしてもらうことを推奨します。

そうすれば請求書が来てから悩むこともないでしょう。

あと、ちょっとしたコツなのですが、調査する相手の情報をなるべく詳細に説明しておくと、調査の無駄を省くことができ、調査費用として払うお金も少なくて済みます。

探偵調査を依頼されても、証拠を用意できないことがあります。

たとえば、浮気の素行調査等で相手が(少なくとも調査期間中は)無実だったケースです。

ただ、調査員の調査能力が不足していることにより、結果が得られないといった例もあるでしょうし、仕事を発注する探偵社のクチコミ等を先に調べておくことが不可欠です。

また、探偵や相談員とよく話し合うのも結果に大きく影響してくると思います。

近年SNSの利用者が急増しているせいか、そこでポロリと不倫が発覚した場合も増えているのです。

配偶者がスマホにロックをかけるようになったり、SNSをしょっちゅう更新していたら、普段から不倫の交際相手とコンタクトをとっていると考えてもおかしくはないでしょう。

SNSに対する不審な行動があるかどうかは不倫をしているかどうかの判断材料とも言えます。

Follow me!