探偵の浮気調査を依頼の金銭トラブル

 

時々、探偵社で浮気調査を依頼したあと、代金のことでトラブったなんてこともあるみたいです。

というのは、最初に出してもらった金額のほかに「別料金」「経費」が加算されたり、途中で契約解除を申し入れると、違約金として一定額を支払わなければいけなくなったりします。やはり、契約前にきちんとチェックしておいたほうが良いでしょう。料金体系や説明の仕方などでひっかかることがあれば、そうでないところを探したほうが、結果的にうまくいくでしょう。

ドラマには無報酬の探偵なども登場しますが、調査を依頼するときは代金が必要になります。同じ調査でも調査員の業務内容により、見積額に違いが出てくることはやむを得ないでしょう。尾行調査だって、所要時間というものがあります。

どのくらいの期間を要するかでも料金に差は出てくるので、調査を行う時間が長ければ、費用はかさむはずです。既婚者同士の浮気に終止符を打ったきっかけは、結婚相手から「子供がほしい」と言われたことが意外に多いです。裏切っていることに対してあらためて後ろめたさを感じるようになったり、婚約破棄相手も家庭があるのだと思うと、ふいに嫌悪感を感じたり、うっとうしく思ったりもするようです。

もしくは、転勤や世帯構成の変化などで今までのように会えなくなったりすると、やましい気持ちもあってか、関係解消へと動いてしまうのです。

興信所や探偵を利用する事由の大半は、婚約破棄(の疑い)の素行調査です。不審な行動があるので、婚約破棄をしているか調べてくれという場合や、ガッチリ証拠をつかんで欲しい(離婚するから)など、目的に合わせた調査を行うので費用の無駄がありません。特に、婚約破棄の相手方に慰謝料を請求するときは、はっきりとした裏付けをとるためにも仕事慣れした探偵に頼むのが一番だと思います。よく婚約破棄の末に結婚しても、不幸になると言われますが、もちろん、やっかみで言っているのではないです。ただ自分がそうしたいからという理由で、他人の幸せをうばうことに呵責を感じないわけですから、もし結婚できても、知り合った経緯からして話せませんし、ばれるの怖さに嘘をついて生きていかなければいけないでしょう。

婚約破棄経験者なんかと結婚しても、いつまた婚約破棄に発展するかと思うと心が落ち着く暇もないのではないでしょうか。私は大手探偵社の調査員をしていますが、浮気調査できちんとした成果を挙げられるかどうかは、調査に慣熟したプロであることのほかに、勘や要領の良さも必要です。ドラマのような展開はないですが突発的事由も多いですから、即座に判断して行動する応用力も必要です。なにより、対象人物に浮気調査がバレてしまうことが問題で、依頼者に不利益をもたらしかねませんので、細やかな注意を怠らないことは常識です。

対象者になった経験のある人の追跡は、さらに注意が必要です。当事者としては悪気はなくても、婚約破棄の対価はけして安くはありません。もっとも、婚約者の対応によっても変わるでしょう。しかし、家庭が滅茶苦茶になったり、養育費や慰謝料の支払いが生じたりもします。本人たちにとっては「たかが」浮気かもしれませんが、ばれたら金銭的賠償だけでなく、社会的制裁さえ被りながら、これからを生きていかなければなりません。浮気というのは字のごとく軽い気持ちでしてしまうものかもしれませんが、婚約者にしてみれば、人生観さえ変えかねない恐怖を感じるのが婚約破棄です。

そんな身勝手な行動を黙認することはありません。

浮気の証拠といったら、身近なところでスマホ(携帯電話)でしょう。ライン、メール、フリーメールなどを駆使して連絡を取り合っている可能性は高いです。彼氏婦2人と子供2人(小1、小3)で彼氏の実家の隣に家を建てて暮らしています。

先月半ばに彼の職場婚約破棄がわかり、双方の親も交えて話し合い、離婚ということで合意しました。育児は私の親のサポートも得られますが、経済的には私が大黒柱となって育てていくわけです。夫に言いたいことは山ほどありましたが、相談の場を大事にしたかったので、間に弁護士を挟んで、浮気相手への慰謝料の請求と、彼氏への慰謝料および養育費の請求だけは行い、最終的に公正証書に仕立ててもらったのです。

子供も大きくなったのでパートを始めたところ、週一で店に来るエリアマネージャーさんに告白されて、お付き合いを始めました。まあ、婚約破棄ですよね。長らく子供と家庭だけを軸に、まったり主婦ライフを送っていたため、挙動があやしいと、主人はすぐ気づいたようで、むこうの奥さんと話をして「やっぱり」ということになって、私のほうは慰謝料請求された上、離婚するということになってしまいました。

探偵を使って婚約者の婚約破棄を調べてもらう際は、結局のところ何を主眼に調査してもらうかをあきらかにしておくことは欠かせません。別れさせたいだけなのか、浮気相手から慰謝料をとりたいのか、確たる証拠を掴んで離婚したい(裁判も考慮)などは依頼者本人が決め、調査員にしっかり伝えることです。どこに主眼を置くかにより微妙に調査内容が異なってくるので、あらかじめ明確にしておきましょう。

探偵社で働くには特別な資格は必要としません。

その代わり、実際に浮気調査をしっかりとやり遂げるためには、慣熟したスキルというものが必要です。

スタッフの育成に余念がない会社もありますが、ひどいところでは実務経験がほとんどないバイトが調査するなんていうのもあるそうですし、気をつけなければなりません。

金銭という対価に合った仕事ができる探偵に調査に入ってもらうことこそ、結果に繋がり、ストレスも最小で済むのです。これから探偵を雇うつもりでいたら、その調査にどれくらいかかるかの平均的な費用について知っていないと、高い価格に悪徳業者だと誤解しかねません。

1時間1万円からと計算しておくと確実です。一般的に言えば「高い」と感じますよね。たとえば追跡調査の時間数や日数を増やしたりすると、費用はかさむので、支払い可能な金額を超えないように気をつけましょう。僕の会社の後輩なんですが、ここ半年ほど奥さんが男と密会しているのがわかったので、その浮気相手に対し訴訟を起こしたいと言うのです。

わからなくもないですが、それには訴訟費用なしにはできないでしょうし、ならいっそ、ちゃんと浮気の証拠を押さえて婚約破棄相手に慰謝料の支払いを求め、交際も接近も徹底的に制限すれば良いのではと言ったのです。まずは冷静になることですよね。

パートナーの浮気で離婚のための裁判になると、浮気していたという証拠がなければいけません。どのようなものでも証拠になるというわけではなく、客観的に見て肉体的な交渉があることが判断できる手紙やメール、配偶者とその相手がホテルから出てくる写真や、珍しいところで誓約書や絵馬などもあります。

また、スマホでのLINE履歴やSNSの書き込みが裏付けとして用いられるケースがあります。

探偵に婚約破棄調査をしてもらったあとで、追加で料金が必要になることもあるようです。

ただ、契約時に交わした書類には、オプション付加条件や料金テーブルが書かれています。

ですから、それをチェックしておかなければいけません。また、不明なことがあるのなら、依頼前に質問して、解消しておくのも怠らないようにしましょう。興信所に調査してもらい、婚約破棄の証拠を見つけて浮気をやめさせることに成功しても、再び浮気することもあります。

休日に家族と過ごす時間が減ったり、携帯電話を肌身離さず持つようになったりで、浮気が判明し、またかと落胆するケースは多いようです。

要するに、前の浮気の際の対処なり処罰なりが厳しさに欠けたことも要因なので、再犯ないし再々犯となると、それ相応の対応が大事だと思います。テレビでは見るものの、実際に探偵を利用したことのある人は少ないはず。

いざ結婚相手の浮気を調べてもらうにも、どこにしたらいいんだろうと悩むのが一般的なのではないでしょうか。

探偵業務を行う事業所は、公安委員会への届出が不可欠です。

認められれば営業所ごとに番号が付与されるので、まともに届出を出している会社なのかは、番号を見れば判断がつきます。

つまり、業者のウェブサイトに許認可番号があるかどうかはチェックするべきです。

婚約者の浮気に気づいたら、証拠を探したほうがいいでしょう。浮気の証拠としてもっとも有効性が高いのは、「誰が見てもわかる」写真などでしょう。

自分や知り合いを使って浮気現場をとらえたり、裁判で確実に証拠になるようなものをゲットするのはトラブルの要因にもなりかねませんし、探偵を雇うなどのプロのワザも検討すべきです。ほんの出来心でハマってしまい、周囲の信頼を失ってしまう。そんなに浮気は魅力的なのでしょうか。

たとえ彼氏婦関係が円満でなかろうと、新しい人と再スタートなんていうのは、安直にも程があると世間一般では思うでしょう。

彼氏婦間の問題はもっと上手な解決方法を模索すべきですし、責任のない子どもまで婚約破棄の結果に巻き込むのはどうかと思います。

冷静になって悔やんでも始まりません。

Follow me!